地域
九州
講師名
茂見知沙先生
取得ディプロマ
アイスキャンディーソープ
カップケーキソープ
宝石石けん
デコアイスキャンディ
ぷるぷる石けん
表彰
JDSA Best Soapist Award 2019「最優秀賞 Best Soapist」受賞

 

今回は、JDSAディプロマ輩出数日本全国のトップ!!ベストソーピスト2019を受賞された茂見先生にインタビューを行って参りました。
作品の美しさはもちろん、独創性や、何よりも自身のコンセプトをしっかりと固めている講師の一人。特定のレッスン場所を持たないけれど、たくさんのファンを創り出す秘訣を教えていただきました。

Q1 手作り石けんを始めた理由は何ですか?

幼い頃から自然が大好きで、環境保護活動などに興味がありました。
そういった分野を学ぶ専門学校に通っていた時に、 “手作り石けんは24時間で生分解され、自然に還り、石けんカスは微生物のエサになります”という記事を読み、「まず自分の生活の中で簡単に取り入れられるのはこれだ!!」 と思い、そこから手作り石けんを使う生活が始まりました。

当時は石けんが自分で作れるということを知らず、それから約5年後、JAAの資格を取得する際に初めて自分で作れることを知り、「好きな色や香りで自然にいいものを作れるって何て素晴らしいんだろう!」と感激しました。そこから石けん作りに夢中になり始めました。

Q2 JDSAの資格を取ろうと思ったきっかけは?

色々な思いや出来事が重なり取得に至ったのですが、私が石けん作りを始めた理由は環境保護が目的でもあったので、まずcp soapを広めるには“石けんは作ることが出来る”ということをみなさんに知ってもらうことが必要だと考えていました。
その頃、ハンドメイド自体が少しずつ流行りだしていたのですが、まだまだ(今でも?)石けん作りが趣味だったり、石けんを作る!という人は少数派だったと思います。

手作り石けんは原材料重視で作るとどうしてもアースカラーになってしまうことが多く、“目にとまりにくい”“印象に残りにくい”cp soapを(もちろんアースカラーの石けんも大好きだし、原材料はとても大事です)、どうしたら沢山の方に知ってもらえるかな?といつも考えていました。

そうこうしているうちに、仕事の関係で関東に4ヶ月ほど行くことになりました。真っ先に(その時の会社の皆さま、ごめんなさい!)休みを使って、関東の先生方に石けんを習いに行きたい!と思いました。

そして、色々検索していたら、JDSAの宝石石けんを見つけました。
私自身、カラフルな色合いが好きだったので、宝石石けんを見たときはもう感激でした。

その時ひらめいたのが、「そうだ!!まずは、cp、mpに関わらず、JDSAの石けんなら見た目も可愛く綺麗だし、作りたいと思ってくれる人や興味を持ってくれる人が増えるはず。そこから色々な石けんの話に繋げられたら!」という考えです。

そして、実際受講しに行くと、九州ではまだ誰もJDSAの全てのディプロマを取得していないということだったので、まずは自分が取得して活動し、1人でも多くの方に色々な石けんのことを知ってもらうきっかけづくりをしたいと思いました。

Q3 今一番力を入れて取り組んでいることは何ですか?

❶こだわりすぎない

という気持ちで、石けん教室を行っています。色々な石けんがあっていいと思うので、こうしなければいけない、温度はピッタリと!という硬い感じではなく、ポイントさえ押さえていれば、あとは割とゆるっとした教室を目指しています。

今後”力を入れていきたいこと”だったら、

❷手作り石けんと環境保護について
❸セレクト石けん屋さん

の2つです。

❷については、手作り石けんとの出会いは市販のボディソープより手作り石けんの方が「環境に良い」ということが始まりなので、 自分の中で納得できるレベルがどこまでなのか、また教室やWSを通じてどう伝えていくか、環境に対して何ができるのかということをもっと勉強していきたいと思っています。

❸のセレクト石けん屋さんでは色々な先生方が色々な思いで作っている手作り石けんを、たくさんのお客様に届けることをしたいと考えています。

“自分の作った石けんが1番!!”というこだわりや強い思いはあまりありません!自分が窓口となって、肌によいだけでなく、環境保護にも特化した素敵な石けんたちをひとつでも多く紹介していきたいです。
まだまだ現在の仕事やご依頼いただくWSやイベントの準備など、目の前のことで精一杯で実現できるかわかりませんが、夢は広がるばかりです。

Q4 茂見先生の思うJDSAの良さはどんなところですか?

JDSAの良さは、自由度が高いところだと思います!

ある程度の決まりはありますが、それ以上は一人ひとりの自由。
なにか教室を始めたい!やってみたい!と思っている人が、JDSAで基礎を学び、あとは自分の個性を活かして教室を開くことができるので、とても開かれた協会だと思います。

それに加え、生徒を喜ばせてくれる所!! 先日、有難いことに、JDSAのディプロマを沢山輩出したということで、メダルとトロフィーをいただきました。

他協会では、ランクup制度はあってもそのお知らせが本人に届いたりするだけで、理事長自らがメダルをデザインしたり、本人に届けてくれたりするところなんて少ないと思うんです。それをJDSAは実施されている!!

普段、メダルなんて貰う機会がありませんし、さらに表彰されることもありませんので、生徒の立場になって喜ばせてくれるとても素敵な協会だと改めて感激しました。

あとは、松崎先生の一ファンです♡
何事もトライ&エラーで進んでいき、なおかつ自分だけの考えに囚われず、生徒さん一人ひとりの目線になり、みんなの声もしっかり聞いて受け止めて進んでく姿。
歳が近いこともあり、とてもパワーを貰えます。

上の立場になればなるほど、生徒の声を聞いたり反映していくことが減ってしまうと思うのですが、それをしっかり続けているのはとっても素敵なことだと思います!! 私が尊敬している先生方の1人です。

Q5 実際に教室を始めての感想は?

沢山あります。 私は特定の教室を持たないので、自分のカラーをその時々でどう出したらいいのか常に考えています。
自分の部屋があれば「あんな教室にしたいなー」とか「こういう世界観で楽しんでもらいたいな」という夢はあるのですが、それができないのでどうするか。。この問いかけは続きます。笑

現実的なところでは、準備がとても大変!!
もっと楽しんでもらいたい!という思いが増えれば増えるほど、こだわりが強くなり、準備物が増えます。
場所を持たない気楽さがある分、荷物が増えるのは・・仕方ないですね!

そしていいところは、色々な人に出会えること!!
人との出会いは人生で最大のギフトだと思っているので、その時、その瞬間で出会った方たちと色々なお話をさせていただくことが、もう楽しくて仕方ありません。
たまに「私も何か始めたいと思っています」なんて相談があるのですが、そんな時は包み隠さず、自分のやり方や体験談などをお話しさせていただいています。最初に話が盛り上がりすぎてレッスンがなかなか始まらない・・なんてこともちょくちょくあります!

人はどこでどんな言葉や行動にピンっときて、そこから人生が変わるかわかりません。自分がそんな風に皆様に影響を与えられる人間だなんて口が裂けても言えませんが、私も今まで出会った皆様のおかげで人生が変わった1人です。

石けん作りを通して、石けん以外にも色々な引き出しを持ちながら、お話しの中で色々なことを教えてもらったり共有していけたらいいなぁと思っています。

特に、WSで参加してくれる子供達には、「自分で作る」ということの素晴らしさや、また、その行動が何かのキッカケ作りになってたくれたらいいなって思っています。

 

茂見先生のレッスン申し込みはこちらから

instagram / E-mail