JDSAミュージアム2021新型コロナウイルス感染拡大防止対策について

2021年2月23日(火・祝)JDSAミュージアム2021を実施するにあたり、当協会では以下のような感染症対策を徹底し、安心して皆様に楽しんでもらえるように考えております。

現時点では、東京都江戸川博物館(https://www.edo-tokyo-museum.or.jp)において上記日程にてミュージアムを開催する予定ですが、今後の国内外の状況の変化により、予定を変更する場合もございます。
随時、ホームページ、インスタ、Facebook等でお知らせいたしますのでご確認いただきますようお願い申し上げます。

皆様にはご不便をおかけしますが、ご理解とご協力をお願いいたします。

安心してミュージアムを開催するにあたり、いくつかご案内いたします。
(江戸東京博物館ご来館のお客様へのお願いはこちら)




【ミュージアム開催環境について】

・収容数 80人 (面積315㎡)の会場にて開催します。

〇収容数は80人ですが、作品鑑賞の観点より、定員を半分以下の40名に減らし、会場内にスタッフを含め40人以上の人数に達した場合は入場を制限させていただきます。

〇ソーシャルディスタンスを保つため、足元に2mごとのマークを設置いたします。

〇換気は常に行い、会場のドアは開放し空調の流れを作ります。

〇会場内に消毒液を設置いたします。

【ご来場の皆様へお願い】

〇ご来場いただく前に、専用フォームに氏名及び緊急連絡先をご記入いただき提出をお願いいたします。この情報は、保健所から情報提供を求められた際に提供させていただくことがありますので予めご了承ください。

また、この個人情報はそれ以外の目的では使用いたしません。

〇以下の方のご来場はお控えいただきますようお願い申し上げます。

 ●咳・咽頭痛などの症状がある場合

 ●過去2週間以内に新型コロナウイルス感染症陽性とされた方との濃厚接触がある場合

 ●過去2週間以内に政府から入国制限・入国後の観察期間を必要とされている国・地域への訪問歴及び当該在住者との濃厚接触がある場合

 ●ご家族または同居人に体調がすぐれない方がいる場合

〇入場時に、検温と手指消毒を行います。

〇37度以上の発熱、及びマスク着用でない方の入場はお断りいたします。

〇会場内で激しく咳き込まれる等、風邪のような症状のある方には、スタッフがお声がけし、ご退出をお願いする場合がございます。

〇会場内またはトイレ等でも2mのソーシャルディスタンスをお取りいただくようお願いいたします。

〇会場内での会話は、極力控えてください。

〇展示物にお手を触れることはご遠慮願います。

〇観賞後はロビーなどに留まらないでください。

〇ご来場の際は、厚生労働省の接触確認アプリ(COCOA)や東京都が提供する「東京版新型コロナ見守りサービス」の登録にご協力ください。
※こちらからご確認ください

https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/cocoa_00138.html
https://www.senryaku.metro.tokyo.lg.jp/ict/mimamori.html

【当協会スタッフについて】

〇当日は必要最小限のスタッフにて開催いたします。

〇スタッフは毎日検温し、健康状態を確認いたします。

〇スタッフはマスクを着用します。

〇会場内で、密を避けるよう誘導を行います。

〇体調管理に留意した声がけ、誘導を行うスタッフを配置します。


ご来場の皆様、関係者の皆様にはご不便をおかけしますが、安心してミュージアムを開催するために、ご理解ご協力をいただきますようお願い申し上げます。

2021年1月7日 JDSA日本デザイン石けん協会

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です